自己啓発本を捨てる時に後悔しない方法と3つのポイント。

自己啓発本を捨てる前って迷いますよね。

 

自己啓発本って価格も安くないですし、書いてある内容も良いものが多いので「パッ」と捨てられないことが多いです。

 

しかし、捨てられないとドンドン部屋が圧迫されていくので、いつかは捨てなければいけないですし…。

 

本当に迷います。

 

例えば、ミニマリストの方や「断捨離だ!」って言って「パッ」と捨てられる方なら、迷わないのかもしれませんが…。

 

普通はそうはいきませんので。

 

このページでは、そんな「本を捨てる前に迷っている」あなたのために「自己啓発本を捨てる前にやっておくべきこと」をまとめました。

 

捨てた後に「後悔をしない為のポイント」を、ビシっとまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください(^-^)

自己啓発本を捨てる時の3つのポイント

本ってやっぱり、捨てた後に後悔するかもって思うと捨てづらいですよね。

 

中でも自己啓発本は、「良いことが書いてあるから、いつか実践しよう…」と思ったりしますので、中々捨てづらいです。

 

ここでは、そんな捨てづらい自己啓発本を捨てやすくするポイントを3つ紹介します。

 

捨てた後に後悔しない為にもぜひ参考にしてみてください。

 

 

1.長い期間開いていない自己啓発本は捨てる。

読もう読もうと思っていて、…でも「開いていない本」は捨ててしまいましょう。

 

新品で買って一度も読んでいない本だったとしても、読まなければただの紙のカタマリです。

 

そして、いくら良いことが書いてあったとしても、読まなければ紙のカタマリです。

 

1年以上、開いていないような本がある場合は、今後開く可能性は限りなくゼロに近いです。

 

勿体なくても、そういった自己啓発本があったとしたら、思い切って捨ててしまいましょう。

 

 

2.たまに読む可能性がある本は、重要な部分を写真に撮ったりメモする。

「良いことが書いてある部分があるけど、全部は見返さないなぁ」という自己啓発本は意外と多いもの。

 

1ページ2ページ程度であれば、本のタイトルと内容をメモして捨ててしまいましょう。

 

また、よく見るページだけを自分の手帳や、スマホに「写真」として残しておいても良いでしょう。

 

大事な部分だけでも取ってあれば、捨てる決心がつきやすいです。

 

また、本のタイトルとメモが残っていれば、いざという時は買い直すこともできます。

 

 

3.めんどくさそうでも、「買取り」をしてもらう。

自己啓発本はもとの値段が高いものが多いです。

 

資源ごみに出してしまうよりも、古本屋さんで買い取ってもらいましょう。

 

意外と、まとまったお金になります。

 

今の時代、「ビジネス書や自己啓発書の買取に強い」古本屋さんもあります。

 

資源ごみの日を待ってから捨てるのと、段ボールに詰めて業者さんに持ってってもらうのでは手間も時間も大して変わりません。

 

本を売ったお金で、美味しいものを食べるのも良いですし、新しい自己啓発本を買うこともできますよ(^-^)

 

自己啓発本のおすすめ買取店

自己啓発本を捨てる前にぜひやって欲しいのが、ネット上での本の査定です。

 

15秒あれば簡単な査定ができます。

 

価値がどれくらいあるのかがサクっとわかりますので、ぜひ自己啓発本を捨てる前に本の価値をチェックしてみてください。

 

査定の結果、全く価値が無ければ「資源ごみ」に出してもOKですしね。

 

また、買取店のオススメ店舗を3つ紹介しておきます。

 

オススメ理由も書いてあるので、参考にしてみてください(^-^)

 

 

バリューブックス(VALUE BOOKS)

バリューブックス

ネット上で評判の良い買取店「バリューブックス」。

 

「おためし査定」というネット上の査定システムが便利。

 

実際やってみたところ、15秒で査定が出来ました。(iphoneで計りました)

 

この査定、本のタイトルを打ち込むだけでOKなので、めっちゃ楽です。しかも買い取り額が高い。

 

あと本全般を扱っているので、漫画等と一緒に多くの本を売る時にも利用できるのが良いです。

 

本を売った場合の入金は最短で翌営業日。

 

スピーディに現金が欲しい場合にも重宝する店舗です。イチオシ。

 

≫バリューブックスはこちら

 

 

ブックオフ(BookOFF)

ブックオフオンライン

有名な古本屋さんのブックオフ。

 

インターネットでの買取もやっています。

 

こちらは、漫画はもちろん、ゲームやDVDなども一緒に売れるのが強み。

 

自己啓発本のほかにも「色々なモノをまとめて売っちゃいたい」という時に重宝します。

 

≫ブックオフはこちら

 

 

エコブックス(ecobooks)

エコブックス

学術書や医学書、文芸書などの専門書を専門にしている買取屋さんです。

 

実店舗も大阪にあります。

 

インターネット上での「クイック仮査定」が便利。

 

売る前に大体の金額がスグにわかります。

 

ただし、ISBNコード(本のウラのコード)を入力しなくちゃいけないので、ちょっと面倒。時間もかかる。

 

また不要な本を段ボールに詰めるだけで、集荷の手続きまでやってくれます。
本を売る時に時間を取られないのは嬉しいポイントですね。

 

売った後の入金も2営業日程度と割とスムーズです。

 

学術書や医学書と一緒にとにかく処分しよう!という場合は利用するのもアリ。

 

≫エコブックスはこちら

自己啓発本を捨てるメリット

自己啓発本を捨てるメリットとしては、まず部屋が片付くっていう部分ですよね。

 

部屋がゴチャゴチャしていたら友達も呼んだりしづらいですし。

 

また、「いつか片付けなきゃなー…」っていう心の重りが常にあるとストレスにもなりやすいです。

 

なので、一度すっきり片づけることができれば、精神的にも楽になります。

 

これは、大きなメリットです。

 

また、自己啓発本ですのでやはり、「何度も読み込むこと」が重要ですよね。

 

しかし、実際は「自己啓発本の山」があると読むのがめんどくさくなってしまい、結局「読まずじまい」という本も意外と多いもの。

 

ただ、もしそうなってしまったら、当然「逆効果」です。

 

いくら良い本でも読まなければ、価値はゼロですので。

 

なので、あなたが読める本、読みこみたいなと思える本を1冊決めましょう。

 

それ以外は、捨ててしまってOKです。

 

自己啓発本はコレクションする為というより、読んで実践する事が非常に重要です。

 

あなたの時間は無限にありませんから、お気に入りの1冊をまずは選んでみてください。

 

そしてそれ以外は捨ててしまう。

 

そうすると、1冊を何度も読み込める環境が出来上がります。

 

何冊も所有しているだけより、1冊を読み込んで実践する事の方が、よっぽど効果的です。

 

というわけで、「お気に入りの本以外を捨てることは、1冊の本に集中しやすくなる」という大きなメリットにつながります。

 

自己啓発本は、たくさんあれば良いというものではありませんので、ぜひ整理して「捨てることのメリット」を肌で感じてみて下さい。

自己啓発本を捨てようか迷っている方は、

  • 「長い期間読んでいない本は捨てる」
  • 「読む部分は写真などで取っておく」
  • 「どうせなら捨てるよりも売る」

という3つのポイントを気にかけながら、捨てるかどうかを判断をしていきましょう。

 

また、自己啓発本を処分することで、

  • 「部屋が片付く」
  • 「1冊の本に集中できる」
  • 「売ればお金ももらえる」

というメリットもあります。

 

ぜひ勇気をもって、自己啓発本の処分を実行してみてください。

 

 

自己啓発本の値段が15秒でチェックできるオススメの買取店さん↓
バリューブックス